浦風 スミ入れ、空中線張り、製作完了。

それではスミ入れを行います。いつも通り、エナメル塗料のブラック系とブラウン系を使用します。甲板上構造物にはブラック系でスミ入れ。舷側はブラウン系でスミ入れ。錆びっぽく見えるでしょうか。スミ入れが済んだので次に空中線を張っていきます。使用したのは渓流用テグス0.1号(黒)です。空中線張りも完了です。瞬間接着剤を少量付けるのがコツですね。軍艦旗とロープ類を取り付け、駆逐艦『浦風』完成です。飾り台に取り...

浦風 細部塗装、ディテイル追加

それでは『浦風』製作を続けます。細部の塗り分けを行いました。塗料はラッカー塗料の上に塗装するので、水性塗料を使用しました。主砲設置、あと少々ディテイル追加を行いました。伸ばしランナー製の木材を設置します。反対側にも同様に設置。酸素魚雷も設置完了。艦橋周りの防風キャンバスも設置します。キャンバスには配管等に使用する「シールテープ」を使用しました。塗料・接着剤が乾いた後、クレオスのスーパークリアーつや...

浦風 塗装

それでは塗装を始めます。軍艦色1(ラッカー塗料)を全体にエアブラシで塗装します。塗料はラッカー塗料が食いつきがよく乾燥も早いのでベストだと思います。ある程度乾いたら、リノリウムを塗装します。はみ出た箇所は後で筆塗りで修正をしますので気にせずブラシします。完成も近そうです。...

浦風 塗装下地処理

今日は塗装の下地処理を行います。まずは金属部分にメタルプライマーを塗ります。塗装剥げが心配な箇所は念入りに塗ります。さて、それではサーフェイサーをエアーブラシで吹き付けます。プライマー入りのサーフェイサーが欲しいです。サフ乾燥後、全体を艦底色で塗装。これで塗装下地処理は完了です。Mr.ホビー サーフェイサー Mr.プライマーサーフェイサー1000 ビン入り 40ml SF287 金属やレジンにも使用できる万能...

浦風 船体組立・エッチング 週末で一気に終わる。

それでは作業を進めます。構造物をどんどんはっつけていきます。エッチングもどんどこ瞬間接着剤でくっつけていきます。前々回『雪風』製作と同じ作業なので慣れもあって仕事が早いです。今回は煙突のジャッキステイをエッチング化してみました。なんか精密度がこれだけでアップした気がします。魚雷発射管もエッチング後船体に取り付け。いつもこれくらい作業が早く進むと楽でいいのになあ。マストはステンレス線で作成しました。...

やっと9隻目、駆逐艦『浦風』 製作開始

艦船模型製作も始めてからやっとのことで9隻目です。このブログでは100隻製作を目指しているのですが、まだ9隻目と考えるとなんか非現実的すぎて。あとどのくらいかかるのかなあ。ということで9隻目、1/700駆逐艦『浦風』を製作していきます。つぎは戦艦『金剛』を作って一緒に並べたいなと考えています。製作キットは以前製作した駆逐艦『雪風』(フジミ模型)のものです。今回は知人から駆逐艦を作ってという注文を受けて...