19号型掃海艇 平島型敷設艇 空中線張り、製作完了

19号型掃海艇の空中線張りを進めます。まずは2段目のななめってるマストにテグス0.1号(黒)を接着。私はマストと艦橋後部の手摺にテグスを結んでから瞬間接着剤でとめています。なので超細かい作業になります。1段目のマストにもテグスを結んでいきます。だいたい完了でしょう。左舷の「19」のスライドマークがどこかへいってしまった。こんな感じで「(12隻目)19号型掃海艇」製作完了です。これも小さいです。残すは...

『小艦艇』スミ入れ、艦載艇設置 第13号型駆潜艇 完成

つや消しコーティングをしてスミ入れを行いました。甲板上はエナメルのフラットブラックの割合を多めでスミ入れ、舷側はレッドブラウンを多めで行いました。乾いたらまず艦載艇を取り付けます。数が多いのでなかなか大変です。そしたら空中線を張ります。今回の船は特に小さいのでこれがやってみると大変でした。最初は3隻ひとくくりで11隻目にするつもりでしたが、苦労したので今回の3隻にそれぞれナンバリングをすることにし...

『小艦艇』 サフ吹き、塗装

前回と同様に船体の鉄板継ぎ目表現のためのマスキングをします。金属部分には忘れずにメタルプライマーを塗ります。サーフェイサーに艦底色を混ぜて吹きました。段差が少しできました。ここから塗装に入ります。まずは軍艦色2を全体に塗装します。リノリウム塗装もエアブラシで行います。乾いたら細部の塗り分けをします。さらに明るいグレーで船体の上部と舷側にムラをつけてブラシしました。このあとつや消しコーティングをして...

3隻ともに組立終了

それでは敷設艇を製作していきます。平島型敷設艇は今回の資料に載っていないので箱絵を凝視して進めます。艦橋の窓をヤスリとデザインナイフ等で開口します。開口部に窓枠エッチングを接着。さらに艦橋の手摺等も追加。船体周りの手摺には一部鉄板の防御板をなんとなく設置。マストを真鍮線0.3㎜にて作成。だいぶはんだ付けにも慣れてきました。ということで調子に乗って掃海艇のマストも作り直しました。このキットには錨も付...

11隻目はタミヤの日本海軍小艦艇セット

11隻目はタミヤの1/700日本海軍小艦艇セット(掃海艇・駆潜艇・敷設艇)にします。戦艦『扶桑』の横に並べて戦艦の大きさを感じやすいようになるべく小さな船がいいと思いまして。古そうなキットなのでモールドには期待していません。バリ等は少なくて綺麗です。やはりモールドはほとんどありません。取り敢えず船体をくっつけます。ディスプレイ用にナットを内臓します。駆潜艇は小さすぎて無理でした。今回参考にする資料は、...