空中線張り 戦艦大和完成

さて空中線を張ってしまいましょう。釣り糸(0.8号)を瞬間接着剤を使って張っていきます。いきなり張り終わりました。アクリル白で碍子を表現します。碍子完了しました。軍艦旗も配置しました。艦首には滑車とロープに日章旗を掲揚。艦尾は滑車とロープのみ。マストには滑車とロープをつけて、中将旗と軍艦旗を付けました。やっぱりシールは抵抗がありますねえ。ということで作業はすべて完了しました。約1ヶ月掛かった戦艦大...

スミ入れ

今日は大和のスミ入れを行います。スミ入れにはエナメル塗料が向いています。エナメルのフラットブラックとレッドブラウンを半々ぐらいで混ぜてエナメルシンナーで薄めたものを使うのが一般的のようです。船体部には錆び色を表現したほうがいいので、レッドブラウンを主体とした調合でスミを入れていきます。今回は船体が大きいので筆も大きな平筆を使います。スミを塗った後、ある程度乾いたらシンナーを湿らす程度に付けた平筆で...

艦載機 弾薬箱 主砲・副砲 取付

まずは艦載機作成付属のステッカーが紙製でシールでぺったんこと貼るものでした。主翼の日の丸以外、ちょっと使えそうになかったです。以前作ったキットのあまりもののステッカーと塗装で代用しました。カタパルトは左右に動きました。つぎは弾薬箱を甲板に配置してゆきます。だいたい位置を決めたら少し離れた箇所からそーっと流し込みセメントをしみこませます。微調整はそれからやったほうが楽です。同時に甲板上の機銃も接着し...

12mランチ

今日は12mランチを作成しました。塗装完了。結構細かい作業なので、ルーペは必須ですね。艦尾に乗っけました。なんか段々それっぽくなってまいりました。本日で1/450戦艦大和の製作開始より3週間経ちました。はじめての3週間越えで少々違うものを作りたくなってきました。...

ジブクレーン・空中線支柱 作成

今日は大和の艦尾にある、ジブクレーンと空中線支柱を作成しました。ジブクレーン空中線支柱まったく味気ないですね。まあ値段が値段だけに何も文句は言えない気がする。ということで少しでもそれっぽくなるように手を加えます。まずはジブクレーン伸ばしランナーと寒冷沙を貼ってみました。上から貼り付けただけです。それに空中線支柱を直接伸ばしランナーを瞬接で貼り付けながら組み立てました。塗装します。ジブクレーンには滑...

主砲・副砲 作成

それでは火器の制作に入ります。まずは大和の主役である主砲です。説明書を読むと、この巨大な主砲1基の重量は2200トン。砲身長21メートル、約7000メートルの高さを飛んで41キロメートル遠方に弾着、と書いてあります。とんでもないですね。砲身が一体型ですね。なのでカットして1本づつ動くようにします。ハシゴ(寒冷沙)や照準起動機(プラ角棒)等を追加します。手摺の柱位置をマーキングします。リューターで穴をあけ、手摺...

中央部 空中線

それでは中央部の空中線を張ってしまいます。なるべく内側のほうから張っていくのがコツです。空中線はいつもの釣り糸(0.8号)です。参考写真を見ながら大体で進めていきます。反対側も同様に張っていきます。釣り糸を結んだり、瞬接でくっつけたりしています。不要な糸を切り揃えて。下の構造物に糸を結んでいきます。反対側も同様に。エナメルのフラットブラックを塗って完了です。それっぽくなったでしょうか?船体に流し込み...

艦橋ロープ

今日も寒かったですね。冬は体のあちこちが痛くなるので嫌いです。それでは前部艦橋裏のロープを張っていきます。まずはロープ用の滑車をぶらさげるワイヤーに見立てた釣り糸(0.8号)を瞬接で接着します。それを短く切りそろえて、そこに滑車に見立てた伸ばしランナーを瞬接で接着。接着しやすいように少し長めにして接着します。瞬接が乾いたら、伸ばしランナーをニッパーで短く切りそろえます。滑車ができました。滑車の両側に...

中央部その2

それでは今日も続けます。まずは各高角砲に射撃制限装置を取り付けます。なんとなくそれっぽく。すべて0.5ミリの銅線で作成しました。銅線はやわらかくて扱いやすくて楽しい作業でした。見た目もまあいいんではないでしょうか。塗装前にメタルプライマーを塗っておきます。これは金属用下地塗料です。塗料の食いつきがとても良くなります。つぎはマストです。とりあえず寒冷沙で作ったラッタルを貼り付けてみる。なんてさびしいマ...

(5隻目)1/450戦艦大和 中央部その1

昨日から中央部の製作に入りました。こつこつと作業を進めます。手摺、ハシゴを追加。シールド付き連装高角砲は可動式でした。やっとここまでできた。砲身はすべて0.3ミリのドリルで穴を開けてあります。やっぱり、ハシゴをもっとシャープにしたいなあ。それっぽく見えればいいと思っていたけど、もっと精密な模型を作りたいなあ、という欲がでてきました。どうやら私もエッチングを欲しているようです。...

(5隻目)1/450戦艦大和 後部艦橋 煙突

今日は後部艦橋と煙突を作成します。まずは後部艦橋手摺とハシゴを追加しました。煙突煙突周りのジャッキステイとハシゴを追加しました。このキットには煙突前方の通路が見当たらない。見落としたかなあ。無いなら自作しないとなあ。まあそれは置いといて、塗装します。後部艦橋煙突前部艦橋やっぱり塗装すると見違えますねえ。次は中央部の構造体を作っていこうかな。...

(5隻目)1/450戦艦大和 前部艦橋

今日は前部艦橋を作成します。と、その前に三連装機銃を塗装します。こういう小さなパーツは何かに両面テープで貼り付けてブラシを掛けると楽でいいです。それでは前部艦橋作成に入ります。艦橋の窓を両刃ヤスリできこきこあけます。まあこれは別に開けなくてもいい気がするけど、開けれそうなら開けましょう。上段の窓も同様に開けます。丸窓はピンバイスで開けましょうね。艦橋に掛かるハシゴは寒冷沙で作成しました。ホームセン...

(5隻目)1/450戦艦大和 25㎜ 3連装機銃

今日から甲板上の装備に入ります。とりあえず「25㎜ 3連装機銃」を作成します。説明書によるとこれは3種類あるみたいですね。さっそく帝国海軍艦艇集で確認します。どうも説明書のAとBにはシールドに手摺がついていて、Cには付いてなさそうです。ということで、AとBに手摺を付けていきます。いつもと同様、リューターで0.3mmのドリル刃で支柱用の穴を開けます。線を張って完成。とりあえずAだけだけど。砲身に同じドリルで穴を開け...

(5隻目)1/450戦艦大和 甲板手摺 プロペラ部分

今日は手摺の塗装と船尾のプロペラ部の組立て、あと他の場所に手摺を追加します。まずは甲板周囲の手摺を塗装します。マスキングをしてエアブラシで塗装完了次に手摺を付ける前に組み立てたほうが良かったかもしれない「プロペラ部」を作成します。手摺が付いちゃってるので手で持って作業を行います。流し込みセメントで接着。気持ちがいいくらいパーツの合いは良いです。シャフト部に金色を塗りました。乾いたらマスキングをして...

(5隻目)1/450戦艦大和 甲板手摺

それでは甲板の手摺を付けていきます。まずは定規でピッチを測って、支柱の位置にしるしをつけます。やはり等間隔じゃないとしまりませんので。とても面倒です。次にしるしのついた場所にリューターで穴を開けます。ドリル刃は0.3ミリです。大和は船体が大きいので、穴あけ作業をピンバイスでやろうものならどえらいことになります。気が狂います。ドリル刃も折れます。開け終わったので、あらかじめ短く切っておいたステンレス...