艦橋マスト製作

今日は艦橋マストを製作。最後にロープ用滑車を伸ばしランナーで作成。これはこれでなんかいい感じかも。瞬間接着剤が乾いたらニッパーで綺麗に揃えます。後でこの滑車にロープが張られます。艦橋脇の煙突をくっつけてこの辺りは完了ですかね。いよいよ組立完了の日も近いです。...

エッチング 手摺 他

今日もエッチング作業を進めます。今日は一気に手摺を完成させましょう。ということであっという間に手摺完成です。手摺を瞬間接着剤でくっつけていきます。結構簡単に手摺はできちゃいますね。艦橋上部手摺と煙突上部煙突カバーのエッチング結構難しいです。なかなかきちっとは決まりません。艦橋上部の丸い手摺これはもっと難しかった。すぐにポロっと折れます。後部マストエッチングこれは細かいけれどそう難しい作業ではありま...

エッチング 機銃台座他

それでは今日もエッチング作業を始めます。甲板後部にある2段式の機銃台座の2段目の台座の支柱部分がエッチングだと入らないのです。仕方がないので元のパーツの下部分だけをカットして使用しました。無事2段目も設置完了。フジミ模型のエッチングは2段目への接続に階段を使用していますが、私の愛用する「帝国海軍艦艇集」の雪風ではハシゴになっていました。なのでハシゴに変更します。その他の部分も進めます。前煙突両脇部...

仲田裕之師匠

模型好きのおじさん達はご存知の方もいるでしょうが、今日は師匠「仲田裕之」氏による模型製作の教科書を紹介します。私はこのビデオを見て模型作りにはまりました。大人のプラモ道 艦船情景を作る 船体製作総集編大人のプラモ道 戦車模型を作ろう タイガー I 型大人のプラモ道 零戦模型を作ろう!~組み立てテクニック 総集編大人のプラモ道 零戦模型を作ろう!~塗装テクニック総集編仲田裕之師匠、惚れてしまいます。...

エッチング 艦橋その1

エッチング作業を進めます。今日は艦橋周りを攻めました。やっぱりこういう精密なパーツが乗っかると模型のグレードがグッと上がったように思えます。エッチングも慣れると結構サクサク作業が進む気がします。...

エッチング作業 ラッタル

今日から初のエッチング作業に入ります。取りあえずこれぐらい道具があればなんとかなるかなあ。今回新たにエッチングベンダーミニとエッチング用ニッパーを揃えました。このエッチングベンダーミニはなんか使いづらいです。まずは艦橋そばのラッタルからいきます。とりあえず一つ目成功かな。最初、階段部分をどうやって曲げればいいのか分かりませんでした。ピンセットは段々部分の隙間に入らないし。それでなんとなく裏から針の...

BGM

私は模型制作中によく音楽を聴いてます。最近マイブームはイスラエル音楽で、これがなかなか名曲ぞろいです。今お気に入りの曲はこんな感じです。Tmuna Mishtana - Dor DanielTiten Li Yad (תתן לי יד) - Elai Botner & Yaldei Hachutzみなさんもよかったらイスラエル音楽を聴いてみてください。きっと気に入る曲があるはずです。...

雪風 制作開始

今回は先に組立てをざっとしてしまって、後から塗装をしようと思います。ということで、あまり手順を深く考えずに作業を進めていきます。まずは船底部分を平らな木に両面テープで固定します。船体上部を流し込みセメントで接着。乾いたら甲板部分も流し込みセメントで接着。各パーツの組み合わせはばっちりでした。各モールドもとても細かくて本当に素晴らしいキットです。フジミ模型さんの気合を感じます。世界標準にすべきですね...

「1/700 駆逐艦 雪風」やっと揃いました。

遅れていた「駆逐艦 雪風」のキットとエッチングがやっと揃いました。今回は初のエッチング使用ということで気合が入りますね。箱絵空中線がはっきり描かれていて非常にありがたいです。パーツリノリウム表現も鉄板滑り止めもきちんと表現されていて大変結構です。さすが最近のフジミ模型は違います。すばらしいです。雪風専用エッチングパーツ フジミ模型はじめてエッチングパーツを目にしてまず素直にその細かさに驚きました。...

7隻目は「(特)シリーズ 1/700 駆逐艦 雪風 フジミ模型」

7隻目は「(特)シリーズ 1/700 駆逐艦 雪風 フジミ模型」の予定ですが、アマゾンでポチってからなかなか届きません。今回は同時に専用エッチングパーツ(フジミ模型)も注文したので、在庫切れのために遅れている模様です。今回も駆逐艦ですが、前回の敷波のリベンジのつもりで制作したいと思っています。このまま満足しないまま駆逐艦を終わらせてはいけないのです。やはりハシゴ・ラッタル等納得いかない部分が気になりだし...

艦載艇 スミ入れ デカール 敷波完成

艦載艇に取り掛かります。塗装完了。続いてボートダビットです。少々加工します。先端を切り離します。替わりに伸ばしランナーの滑車を接着します。滑車とカッターをロープでつないで完成です。おおよそ船体の組立てが終了しましたので、スミ入れを行う前にここでクレオスのスーパークリアーつや消しを全体にブラシします。スーパークリアーが乾燥後にスミ入れを行います。いつもと同様にエナメルのフラットブラックとレッドブラウ...

前マスト ロープ張り

今日は前マストのロープを張っていきます。艦艇模型制作の一つの山場みたいな場所だと思っています。ここがしっかり作られているかいないかで、その艦艇への作者の愛が判断できます。ということで愛を持って取り掛かります。まず最初にロープ用の滑車(伸ばしランナー)を付けます。そこにロープ(釣り糸0.8号)を瞬接でくっつけていきます。非常に細かい作業になりますので、ヘッドルーペは必須です。接着しました。つぎに船体に...

主砲・魚雷発射管・マスト

今日は、主砲と魚雷発射管とマストを制作しました。まずは艦首主砲。塗装後、手摺を追加しました。艦尾主砲。同様に塗装後、手摺追加。魚雷発射管。これにも塗装後、手摺を追加。火器類は古いキットであるにもかかわらず、付属のディテイルアップパーツのおかげでなかなかのものが出来ました。続いてマストに掛かります。とりあえず伸ばしランナーで滑車をつけました。後でロープ・空中線を張ります。...

艦橋 他構造物

それでは構造物を作っていきます。それぞれにディテイルを追加していきます。一気に乗っけました。はしごが明らかにオーバースケールです。ネットでハシゴのエッチングパーツを探しましたが、どこも在庫が無い状態でした。なんとか手に入れたいものです。このキットは、やっぱりパーツが少ないのであっという間に完成しそうです。しかしパーツのバリも多く、「タミヤさん、いったいこの金型いつ作ったものですか?」と聞きたくなり...

船体・甲板・手摺 制作

それでは敷波の制作に入ります。まずは甲板が寂しいので、リノリウム押さえとしてステンレス線を張っていきます。張り終わりました。やっぱり銀色はおかしかったかなあ。舷窓を開けます。0.5ミリのドリル刃でリューターを使い開けました。早速、船体を軍艦色1で塗装。リノリウム部分を塗装後、手摺用の支柱穴をリューターで開け、支柱(ステンレス線)を立てる。今回細部の参考にしたのはいつも手本にしている「帝国海軍艦艇集」...