タミヤ・フジミ大和 組立完了、塗装、木甲板

それではタミヤ・フジミ大和の製作を続けます。
フジミ大和の中央構造物も出来たのでタミヤ大和と並べてみました。
左がタミヤ、右がフジミ
IMG_20160725_234550.jpg
キット自体の違いは少々ありますが、大きな違いは全然分かりません。

左がタミヤ、右がフジミ
IMG_20160725_234358.jpg 
違うといえばエッチングの違いでしょうか。
しかしフジミの専用エッチングは安いのによく頑張っています。

左がタミヤ、右がフジミ
IMG_20160725_234621.jpg 
キットの構成もほとんど同じだし、どちらがいいなんて言えません。
ほぼ同じものを作っている感じです。
ただ一つだけ言うとしたら、タミヤのプラスチックは柔軟で加工もしやすくグッドです。

次に火器類の製作。
タミヤ大和の主砲
IMG_20160730_223329.jpg 
金属砲身を使います。

左がタミヤ、右がフジミ
IMG_20160730_224403.jpg 
左がフジミ、右がタミヤ
IMG_20160730_224418.jpg
主砲もよく似たものです。

副砲の製作。
左がフジミ、右がタミヤ
IMG_20160730_223829.jpg 
タミヤ大和のほうは、こちらも金属砲身を使用。
左がタミヤ、右がフジミ
IMG_20160730_224214.jpg 
副砲もフジミの専用エッチングの頑張りが伝わってきます。
ライオンロアに引けを取っていません。

ある程度組立作業が進んだので、塗装に入ります。
まずは黒サフを吹きます。
IMG_20160731_163949.jpg 

次に軍艦色1で塗装。
IMG_20160731_215823.jpg 
IMG_20160731_212937.jpg 
塗料は薄目で下地の黒を全て消さないように塗装します。

モールドに合わせてグラデーションを付けていきます。
IMG_20160731_210815.jpg 

さらに明るいグレーをのっけて明暗をつけます。
IMG_20160801_190252.jpg 
だいたいこんなものでしょうか。

煙突の塗装。
煙突上部とマスト上部にフラットブラックを塗装。
マスキングテープでマスキングをしてからエアブラシを使います。
IMG_20160802_225502.jpg 
IMG_20160802_230439.jpg
綺麗に塗れました。

船体の塗装が乾いたら、木甲板を貼り付けます。
こちらはフジミ大和。
IMG_20160801_221803.jpg 

こっちはタミヤ大和。
IMG_20160801_224350.jpg
機銃位置の丸印が鬱陶しいですね、塗装で消しますか。
木甲板シートの周りを瞬間接着剤を流し込む感じで固定します。
経年劣化で剥がれてくるのを防止するためです。

甲板上の構造物を乗っけていきます。
IMG_20160802_224902.jpg
取り敢えず今回の報告はここまで。
おおかた出来てきましたがここからディテイルにどれだけ手を掛けられるかが重要ですので、
完成まではもうしばらくお待ちください。



 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント