42隻目は「ぜかまし」です。

42隻目はハセガワの1/350駆逐艦『島風』最終時にしました。
1/350スケールの製作は初めてになりますので、いつもと勝手が違いますが頑張って作っていこうと思います。
IMG_20160909_230834.jpg
ハセガワの島風専用エッチングを使用します。
このモデルはフルハル仕様ですが、喫水線で分かれていますので喫水線板を接着すればウォーターライン仕様にできます。ということで2ミリ厚のプラ板を接着します。
IMG_20160909_234527.jpg
平らな板の上に固定して固まるのを待ちます。
IMG_20160910_004914.jpg
しっかりとくっついたらはみ出た部分をカットしてサンディングします。
IMG_20160910_101703.jpgIMG_20160910_101715.jpg
船底の前後にドリルで穴を開け、固定用のナットを取り付けます。
IMG_20160910_103902.jpg 
艦首のチェーンを置き換えます。
IMG_20161128_200029.jpg 
船体に取り付け。パーツを順番にどんどん取り付けていきます。
IMG_20161128_201135.jpg
艦橋を組んでいきます。
専用エッチングにはジャッキステイがありませんので他社の汎用エッチングを使用します。
IMG_20161130_002533.jpgIMG_20161130_194925.jpg
おおかた組みあがりました。
IMG_20161130_235925.jpgIMG_20161201_000015.jpg 
第2煙突付近。
IMG_20161211_110602.jpg 
このレールも専用エッチングにはありませんので、ハセガワの汎用エッチングを使用します。
IMG_20161211_180037.jpg
マストも組みあがりましたのでロープを張ります。
メタルリギング0.06号を使用。
IMG_20161218_103223.jpg 
こんな感じでしょうか。
IMG_20161218_111114.jpg 
結構進みました。
IMG_20161219_182307.jpg
リノリウム張り部分以外の手摺を取り付けます。
IMG_20161219_182318.jpg
ここで一旦塗装に入ります。
まず下地に黒サフを吹いてから軍艦色1で塗装。
リノリウム塗装もマスキングをしてからエアブラシで行います。
乾燥後リノリウム押さえ金具として極細銅線を瞬間接着剤を使って貼っていきます。
IMG_20161222_225717.jpgIMG_20161222_225750.jpg
イイ感じに貼れました。
今回使用した瞬間接着剤はウェーブのものですが、これは流し込み接着剤のように毛細管現象で良く流れ込んでくれました。今回の作業には非常に向いていますね。良い発見でした。
IMG_20161222_230141.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

タシャンさん、お久しぶりです。1/350島風は私の4隻目(MAXFACTORYのですがベースはハセガワさんですよね)で知らない間にこんなディテールの細かくて、完成度の高いプラモデルがあるんだと驚いたキットでした。ハセガワさんは最終時ですので、その違いも含めて完成を楽しみにしています。

Re: No title

> GAKUTENさん、お久しぶりです。自分はいままでほとんど1/700ばかり作ってきたので、1/350はパーツが大きくて作りやすいですね。しかし大きい分、ディテイルに求められるものも多くなりそうです。できたら来年中には1/350航空母艦「赤城」に挑戦したいですね。正月休みにはどっぷりと模型製作につかりたいと考えています。あと「艦これ」「この世界の片隅に」も観たいです。