やっとのことで「1/700航空母艦『赤城』」に挑戦します。

まだ1/350『島風』は完成しておりませんが、せっかく正月休みに入りましたので、以前から作りたかった1/700航空母艦『赤城』を製作しようと思います。
使用キットはハセガワの新しい方の1/700赤城です。
IMG_20161219_233558.jpg
ハセガワの『赤城』専用エッチング。2枚入り。
IMG_20161219_233641.jpgIMG_20161219_233839.jpg
ラッタルや煙突のジャッキステイ等ハセガワの方には入っていないのでフジミの赤城専用エッチングを使用します。
IMG_20161221_181124.jpg 
木甲板はハセガワの赤城専用の物を使用。甲板上のエッチングが付属します。
IMG_20161219_233707.jpg
それでは始めます。
まずは喫水線板を接着し、固定用のナットを前後に取り付けます。
IMG_20161220_002552.jpgIMG_20161220_002605.jpg
ナットの周りを2㎜角プラ棒で補強します。
艦首と艦尾の甲板を取り付けます。
IMG_20161220_010002.jpg
チェーンを置き換えたら艦首側甲板上部を取り付け。
IMG_20161221_010824.jpg
周囲のジャッキステイを取り付けていきます。
IMG_20161225_145515.jpgIMG_20161225_161807.jpg
ジャッキステイ地獄が終わったら、その他の構造物もエッチングを組みながら取り付けていきます。
IMG_20161226_002426.jpgIMG_20161227_003056.jpg
煙突もエッチングを組んでから取り付けます。フジミの専用エッチングを使用します。
船体の方は粗方組みあがったので、いよいよ空母の見せ場である航空甲板裏の鉄骨エッチングを組んでいきます。
IMG_20161229_164530.jpgIMG_20161229_200720.jpg
ここまで進んだら甲板裏側に各パーツを接着してしまいます。
艦首
IMG_20161230_122412.jpg 
中央
IMG_20161230_122403.jpg
艦尾
IMG_20161230_111353.jpgIMG_20161230_111547.jpgIMG_20161230_122354.jpgIMG_20161230_174021.jpg
ここまで組みあげるにはかなりの苦行を覚悟しましたが、意外と問題なく素直に組みあがってくれました。このハセガワの赤城専用エッチングはフジミと違いインストも解りやすく組みやすい良品でした。時間は掛かりますが、組みあがれば非常に見事なトラス構造を見せてくれます。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

タシャンさん
明けましておめでとうございます!
飛行甲板裏のトラス構造の組み立てを考えると手を出しにくい空母ですが、意外に素直に行けそうな気もしてきました。加賀派の私としては加賀も挑戦したいと思っており、赤城同様いずれ挑戦したいと思っています。
今年も宜しくお願いします。

Re: No title

GAKUTENさん、明けましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします。
一航戦はやはり避けては通れない航空母艦ですね。
わたしもずっと空母は避けてきたのですが、少しずつでもこなしていこうと考えています。
しかし艦載機のこととか考えると気分が滅入ってしまいますが、まあ気長に製作していこうと思います。

No title

最近の1/700のエッチングの出来の良さは目を見張る物がありますね。
ただそれを正確に組むとなると本当に難しいものではないかと思います。
画像を拡大して見させて頂きましたが全くゆがみも無く素晴らしい仕上がりになっていて見とれてしまいました。
1枚の飛行甲板の裏側にここまでの労力を正確無比に注ぎ込める技術力に感服いたします。
それが1/700ですからなおさらです。
突然のコメント失礼致しました。

Re: No title

けんちっくさん、コメントありがとうございます。
空母の見どころである甲板下のトラス構造には、なにか人を近づけさせないものがありますね。
わたしがほとんど空母に手を出していないのもやはりその点があります。
あとは艦載機の数。どちらかというとこちらの方がとっつきにくいですかね。
空母は戦艦よりも地味な作業の量が多いのがつらいです。
しかし空母が上手に製作できるようになれば、腕が上がったということになるでしょう。
長谷川迷人いわく「模型はつくってなんぼです」ね。