「フジミ模型 1/700戦後70周年 日本海軍 12戦艦 コンプリートBOX」1/12隻目

もうすっかり春ですね。近所の桜も少々葉桜になってきたようです。桜はなんか悲しい感じがします。
IMG_0486.jpgIMG_0487.jpg
艦船模型製作ですが、今年は以前購入して寝かしてあった「フジミ模型 1/700戦後70周年 日本海軍 12戦艦 コンプリートBOX」を順々に作ってみようと思います。
12戦艦 
これは大東亜戦争時の日本海軍所属の戦艦12隻の模型と木甲板シールと金属砲身がセットになったもので、当時大変お買い得だった気がします。買ったはいいがずっとほったらかしにしておりました。
まず最初の一隻目は戦艦『山城』昭和16年を製作していこうとおもいます。
底板を接着するときは必ず船体の反りを矯正するように注意します。
IMG_0403.jpg
底板の前後に固定用のナットを取り付けます。乾燥後甲板を接着。
IMG_0404.jpgIMG_0405.jpg
アンカーやチェーンを置き換え。艦尾のリノリウム部もエッチングで置き換え。
IMG_0416.jpgIMG_0415.jpg 
付属の金属砲身。主砲の砲身を置き換えると効果的です。
IMG_0417.jpg
煙突、後部艦橋。
IMG_0430.jpgIMG_0429.jpg
艦橋。扶桑と比べ、背筋が真っ直ぐしていてきりッと引き締まって見えます。
IMG_0431.jpgIMG_0432.jpg
船体塗装後、木甲板シールを流し込み瞬間接着剤でしっかりと接着し、艦橋等の構造物を設置していきます。
IMG_0449.jpgIMG_0450.jpg
主砲・艦載艇等設置。扶桑型は艦載艇が多いですね。
IMG_0468.jpgIMG_0469.jpg
空中線を張りました。今回もメタルリギング0.06を使用。
IMG_0470.jpgIMG_0471.jpgIMG_0472.jpg
次回は完成写真をアップします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント