いやぁ、全く寒いですね。昨晩夜中に部屋に戻るのに外に出ると、ここ愛知県瀬戸市ですが雪が結構な勢いで降ってました。冬は寒いので嫌いです。フジミ模型の艦船福袋が先日届きました。1/700艦船福袋A・Bの注文、計10,800円で、計12艦艇。北上さんと鳳翔さんと海鷹は、エッチングが付属していました。鳳翔さんにいたっては、飛行甲板のエッチングまで入っていて至れり尽くせりでした。フジミ模型さん、今年もありがとうございま...

やっとのことで「1/700航空母艦『赤城』」に挑戦します。

まだ1/350『島風』は完成しておりませんが、せっかく正月休みに入りましたので、以前から作りたかった1/700航空母艦『赤城』を製作しようと思います。使用キットはハセガワの新しい方の1/700赤城です。ハセガワの『赤城』専用エッチング。2枚入り。ラッタルや煙突のジャッキステイ等ハセガワの方には入っていないのでフジミの赤城専用エッチングを使用します。 木甲板はハセガワの赤城専用の物を使用。甲板上のエッチングが...

42隻目は「ぜかまし」です。

42隻目はハセガワの1/350駆逐艦『島風』最終時にしました。1/350スケールの製作は初めてになりますので、いつもと勝手が違いますが頑張って作っていこうと思います。ハセガワの島風専用エッチングを使用します。このモデルはフルハル仕様ですが、喫水線で分かれていますので喫水線板を接着すればウォーターライン仕様にできます。ということで2ミリ厚のプラ板を接着します。平らな板の上に固定して固まるのを待ちます。しっかりと...

戦艦『霧島』1941 完成

スミ入れを行い、空中線を張り、ディテイルを追加し、つや消しコーティングを施して、この度めでたく戦艦『霧島』の製作が終了しました。金剛型戦艦はどれもかっこいいです。先日、タムロンの単焦点マクロレンズ272EEを安く入手しました。このレンズは結構古いですがかなり評価の高いレンズだそうです。艦船模型撮影に向いているかはよくわかりませんが、早速これで撮影していきます。1/700戦艦『霧島』1941 完成写真どうでしょう...

主砲砲身口キャンバス 塗り分け修正

現在ヤフオクに出品中の戦艦『大和』の主砲砲身口キャンバスの塗り分けについて鋭いご指摘がありましたので修正を行いました。恥ずかしながら今の今まで全く気付いておりませんでした。ヤフオク☆(百艦)1/700 戦艦 『大和』 終焉型 完成品☆修正前 キャンバス根本周囲がグレーのままになっている。修正後 キャンバスと同じ色を塗り分け船体に取り付けなるほど今回は勉強になりました。鋭いご指摘ありがとうございました。...

41隻目はメガネっ子戦艦『霧島』ちゃん

41隻目は戦艦『霧島』にしました。金剛型戦艦はこれで3隻目で残すは榛名だけとなります。キットはフジミの1/700で、エッチングと木甲板も同社のものを使用します。 それでは早速製作開始です。まずは喫水線板を接着。マスキングテープで反りを矯正しながら流し込み接着剤でしっかりと接着します。 固まったら船体の前後に固定用ナットを取り付けます。 甲板を取り付け。舷側の鉄板継ぎ目やラッタル、錨等のディ...

2017年 フジミ模型 新春福袋 オンライン販売

今年もこの季節がやってきました。そうです、フジミの新春福袋の販売ですね。昨年は無かったので今年も無いのかなぁとなんとなくフジミのサイトを覗いてみると、なんとブログで福袋のお知らせがありましたのです。 フジミ模型 2017年福袋のお知らせ販売期間 2016年12月1日(木) 午後12:00(正午)  〜 2016年12月15日発送開始 2017年1月13日(金)〜 2017年1月17日(火)ただ現在はすでに艦船の方は売り切れになって...

38隻目 フジミ「大和」完成写真

38隻目に製作したフジミの1/700戦艦「大和」がこの度仕上がりましたので写真をアップします。全景 左舷側 右舷側 周囲 アップこの船もしばらくの間寝かしてしまいました。模型製作にはやはりモチベーションが非常に大切ですね。なんとなく仕上げる気分になれずにいましたが、ガンプラを作ったらいい気分転換になったようで今は無性に船を製作したい気分です。ガンプラも同時に製作出来たらと考えています。...

戦艦『扶桑』 完成写真

扶桑姉の完成写真を撮影したのでアップします。お見合い用の写真の様です。右舷側ズーム左舷側ズーム 艦周 上からアップ 壮絶な最期をとげた西村艦隊ですが、それだけにこの戦艦扶桑には多くの方がいろんなことを思ったり考えさせられたりするのでしょう。日本の戦艦史において重要な位置を占める艦であることと、人気艦であることは間違いありません。以上扶桑姉のお見合い写真でした。...

扶桑姉 ディテイル追加&完成

しばらく寝かせておいた扶桑姉さんを仕上げていきます。火器類を設置していきます。まずは主砲から。扶桑姉の最終時は単装機銃がかなり多く設置してあります。足の遅い扶桑姉も必死だったんですね、涙が出ます。機銃類はすべてナノドレッドを使用しました。連装機銃と3連装機銃も設置。火器類の設置が完了。 やっぱり機銃の数が半端じゃありません。その他のディテイルを追加していきます。艦首側に天幕支柱を設置。ボートダ...

HGUC REVIVE 1/144「ガンダム」編 全

次はやっぱり「ガンダム」でしょ、ということでREVIVEのガンダムを作ろうと思います。前回の屈辱を忘れて作業に入ります。さらっと仮組完了。頭が小さいです。昔のキットとはスタイルが違いますね。左のRGガンダムとプロポーションは同じのようです。ディテイルはやはりRGにはかないませんね。各パーツにスジ彫り等手を加えてから、サフを吹き、塗装を進めます。ディテイルはRGを参考にしました。今回から新たな塗料として「ガイア...

「ジム」編 完

久々の更新になります、タシャンです。最近はどっぷりとガンプラの魅力に取りつかれておりました。日頃、艦船模型ばかり製作していますので、色々船の年代による考証等資料とにらめっこしながらの作業にどうしてもなってしまいます。一方ガンプラはなんか自由です。とても自由です。と、当初は興奮してガンプラを楽しんでいたのですが、この自由というのが曲者でした。つまりガンプラには答え・正解がないのです。こうすれば正解で...

たまにはみんな!ガンプラ作ろうぜ!!

ということで無性にガンプラを作りたくなったので、ガンプラ製作を始めます。ガンプラは2年ほど作っていませんが、当時はほとんど素組みしかやってなかったので今回は結構真剣に製作していきたいと考えております。といってもどうすればいいのかよくは分かっていないので、取り敢えず雰囲気で進めていきます。ガンプラといえばやっぱり「スジ彫り」が重要ということで、スジボリ堂の「BMCタガネ」を購入。いっしょに板ヤスリも...

『扶桑』甲板構造物設置

それでは『扶桑』を続けます。船体と同じ基本塗装が終了しましたので、煙突上部と後艦橋マストの黒の塗り分けをします。 結構広めにマスキングをしないと、ブラシの塗料が回り込んでしまうので注意が必要です。それでは船体に取り付けていきます。煙突 後艦橋 艦橋 主砲はスミ入れをした後に取り付けます。ある程度手摺等のディテイルを追加したあと、ここで一旦スミ入れを行います。エナメル塗料の黒と茶を混...

40隻目は再び『扶桑』姉さんです。

以前(10隻目)製作した戦艦『扶桑』に納得がいっていないので、再び戦艦『扶桑』を製作したいと思います。艦船模型スペシャル №55 冒頭の1/350戦艦『扶桑』を参考にしていきます。 使用キットは以前と同様、フジミ模型です。まずは船体と喫水線板を接着しながら、反りを矯正します。船底に固定用のナットを取り付けます。甲板を接着。接着前にエッチング等で置き換える箇所を取り除いておきます。舷側のラッタル、艦尾エッチ...